YCEの種類

YCE事業では、現在次の3種類の交換が実施されている。
何れも単一クラブのアクティビティである事を理解しておくべきである。

  1. 一般交換
    地区キャビネットにより、オリエンテーション修了後派遣生として認められ、単一クラブのスポンサーによって相手国を訪問し、目的地到着後はそれぞれのホストクラブの指定する家庭に一定期間滞在する形式。現在のYCE事業はこの形式を中心として行われている。運営は、複合地区YCE委員会並びに地区YCE委員会の相互協力、調整のもとに進められ、その計画と指導によって実施されている。
  2. 直接交換
    姉妹提携または姉妹都市の関係で、外国のクラブ等と直接交渉して、独自(単独)に派遣・受け入れを行うYCEシステム。実施にあたっては、クラブ会長は地区YCE委員経由で地区YCE委員長に計画書を提出し実務指導を受けること。
  3. スペシャルリクエスト
    派遣青少年を確実に送り出すには、応募時にすでに受け入れ家庭あるいはクラブが分かっているスペシャル・リクエストで派遣するのが最良の方法であり、この制度を利用することによって、相手との直接連絡が可能になるなど、現行の担当窓口システムの欠点を十分に補うことができる。各地区、クラブとも積極的にこの制度を活用するよう呼びかけられたい。
    ただし、スペシャル・リクエストは相手方の受入承諾書があって初めて有効であり、単なる一方的な希望は認められない。別のプログラムで、別の行動をとるときでも、地区への届出だけはされたい。
  4. 国際ユースキャンプ
    国際ユースキャンプは、1963年スウェーデンのライオンズクラブで始められたのがその起渡となっている。1974年の国際理事会で正式に承認され、その後世界各地で興隆し現在に至っている。
このページの先頭へ戻る