2017~2018年度 ごあいさつ

ガバナー提言
向井 健次

 

【提 言】 原点回帰・明日への一歩
【スローガン】 次なる100年へはじめよう
~ 新たな we serve ~

ライオンズクラブ国際協会337-A地区 地区ガバナー
L.向井 健次

YCE委員会 委員長 あいさつ
江頭  渡

 

ライオンズクラブ設立101年目337A地区 地区ガバナーL向井健次と同行を共に、提言「原点回帰 明日への一歩」スローガンは「次なる100年へはじめよう新たなWe Serve」として奉仕活動に頑張って行きたいと思っております。
年間どうぞよろしくお願い致します。

YCE事業の目的は「世界の人々の間に相互理解の精神をつちかい発展させる」というライオニズムの第一目的を推進するための一つの手段でありこのプログラムは次のことを目的にしている。
①他国の人と接する機会を青少年に与える。
②異なる文化的背景を持つ家庭や地域社会の生活を経験させる。
③ライオニズムを通して国際理解と親善を促進する。

今期のYCE委員会の目標
①地区YCE委員会とRC、ZC、クラブ会長との親密なる連絡網を確立して行きたい
②YCEホームページを使い易く考慮して各クラブのバナー広告の協力を依頼して行く
③事業を地域の国際交流会等連携できるよう努力する。
④クラブに於いて派遣生が派遣の前後にスポンサークラブの例会に出席し、抱負やユーズでの感想を報告してもらい成長ぶりに触れ、感動を共有できるように努力する。
➄YCE事業とレオ事業の連携について今以上に協議を進めて行きたい。
  レオから出来るだけ優先してYCE派遣生を募る、レオの中で優秀な生徒は世界のレオ会議など再度海外派遣のチャンスを与える。又、レオの会員に来日生のホストファミリーに対し協力し、それぞれの行動にお互いに参加し交流ができる様に努めたい。

ライオンズクラブ国際協会337-A地区YCE委員長
L.江頭  渡

 

このページの先頭へ戻る