YCE用語集

YCE用語

本文中の説明はYCE用語を使用する。

  1. YCE=Youth Camp Exchange
    ライオンズ国際ユースキャンプ及び交換プログラム
  2. YES=Youth Exchange Support
    青少年交換支援(サポート)
    正式名称=ライオンズクラブ国際協会337複合地区
    “YCE派遣生OBの集い”
    構成=337複合地区よりそのYCE事業により過去に外国に派遣されたOB生
       及び日本国内のライオンズクラブより派遣されたYCE-OB生で、
       現在337複合地区に在住の者を以って構成されている。
  3. スポンサークラブ=Sponsor Club
    YCE(ユースキャンプ及び交換プログラム)において、青少年を派遣する側のクラブをいう。
  4. ホストクラブ=Host Club
    YCE(ユースキャンプ及び交換プログラム)において、青少年を受け入れる側のクラブをいう。
  5. ホストファミリー=Host Family
    YCE(ユースキャンプ及び交換プログラム)において、青少年を受け入れる家庭をいう。
  6. ユースキャンプ=Youth Camp
    青少年の野外での合宿。
    1974年に正式採用された国際プログラム、ライオンズクラブ、地区または複合地区が主催し、16歳から22歳の青少年を対象に歴史、産業、教育などさまざまな分野に焦点を当てたキャンプを行う。
  7. エクスカーション=Excursion
    親善研修旅行。
    クラブのチャーターナイト(認証状伝達式)、地区年次大会、複合地区年次大会などにおいて、
    プログラムの一つとして行われる観光や、親善旅行。
  8. IDカード=Identity Card
    ID-Noは胸に付ける。
    日本ライオンズクラブからの派遣YCEエースである身分証明書。
    来日生も胸に付けて入国する。
  9. アプリケーションフォーム=Application Form
    青少年交換、YCE事業で使用される申請用紙。
  10. インデムニティフォーム=Indemnity Form
    賠償免責承諾書。
    滞在中に非常事態が発生しても、関係するライオンズクラブ等に金銭的、その他の責任は一切問わないことを同意する派遣生及び保護者の署名であり、派遣事業には最も大切な書類である。
    ※保護者自身の署名であるか必ず確認しておくべきである。
  11. MD=Multiple District
    複合地区のこと。
    例:MD-337:九州八県
    例:MD-4:米国のカリフォルニア州とネバタ州
このページの先頭へ戻る